平成22年度 広島東商工会女性部 忘年会

  平成22年12月5日午後6時から中区大手町の広島の宿相生(あいおい)で、広島東商工会女性部の忘年会が行われました。(参加者24名)
 最初に、上田勝子部長(瀬野川支部)の挨拶後、向井幸枝副部長(矢野支部)が乾杯の音頭で忘年会が始まりました。

 その後、事務局より10月に開催されたビーチボールバレーの結果及び11月の商工会女性部全国大会において中小企業庁長官賞の受賞の披露が行われました。その後、賞状を手に、参加者全員で、記念撮影を行いました。
 
 席につくと、目の前には綺麗で、美味しい料理が準備され舌鼓をうちながらの歓談となりました。一時間ほど経過した時点で、自己紹介とじゃんけん大会が行われました。自己紹介の中では、山本末子(安芸支部)さんが、黄金たもぎだけを栽培、販売している話をされました。みんなが、興味深く聞き入っていました。私を含め、みんな”是非一度食してみたい”と感じたのではないかと思います。じゃんけん大会では、山本博子(瀬野川支部)さんが、優勝いたしました。

 最後に、土井ひとみ副部長(安芸支部)が、閉会の挨拶をされて終了しました。

部員の皆様、1年間お疲れ様でした。来年もまたよろしくお願い致します。
皆様、良いお年をお迎え下さい。

PS 記事の投稿は12月から矢野・瀬野川・安芸の順番で掲載予定ですが、当部員であれば掲載  は、自由に掲載してください。

                                               河村洋美(矢野支部)記
 


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック